日常生活をレスキュー!役立つ日常生活の問題解決情報をお届け

合鍵 作成 ネットで安く安全に 俺の合鍵

安く安全にネットで合鍵 作成

 

ネットで安く安全に合鍵を作成できる「俺の合鍵」というサイトがあります。

ネットで注文した合鍵(スペアキー)を安心・安全にご自宅に宅配するサービスです。

従来の合鍵作成は、店舗に合鍵を持ち込みその場で合鍵を複製しますが、作った合鍵が抜けない・刺さらない・回らないなどのトラブルも多く、最悪の場合は合鍵が原因での鍵穴の破損もありました。

また、昨今の防犯技術の向上によって鍵の構造が複雑化し、町の鍵屋さんで合鍵を作ることができない鍵も増えてきています。

そこで「俺の合鍵」では、

新品のメーカー純正キー=「新カギ」をメーカー総代理店からお客様に直接配送する仕組みをとることによって

◇高品質(メーカー純正品)

◇業界最短の納品スピード

◇安心・安全の管理体制

◇インターネット注文による利便性

これらすべての実現が可能となりました。

その「俺の合鍵」について当ページでご紹介します。

 

ネットショッピングが普及した昨今におきましても、

「合鍵は近所の鍵屋さんやホームセンターで作るもの」というイメージが未だに根強いです。

最近では鍵屋さんで作成できない鍵も多く、結局注文になってしまい2回店舗に行かなければいけない、、といったことが多いです。

また、鍵屋さんで作成できたとしても、あくまでコピーキー(元の鍵と全く同じものではない)ですので、

カギ穴を痛めてしまうといったトラブルも多いです。

 

「俺の合鍵」で注文した鍵は全てメーカー純正の鍵です。カギ穴を痛めるといったトラブルもありませんし、

2度来店するといった手間もありません。

 

実は世の中の多くの鍵は、持ち手に刻印されているカギ番号をもとに複製することができます。

ほとんどの人がこのことに気づいていません。

また、上記理由から、カギ番号を知られてしまうと簡単に合鍵が作れてしまいますので、

その危険性や対策方法を紹介します。



 

ネットで合鍵作成 「俺の合鍵」利用メリット


鍵番号はあなたの家のパスワード

クレジットカード番号って他人に見せないと思います、それと一緒で鍵番号って他人に知られてしまうと大変なことになるんです。

いくら防犯性の高い鍵をつけていても絶対に知られてはいけません。

それはなぜか?今回は鍵番号の重要性についてご説明します。

 

鍵番号の重要性について

【鍵番号】って実は…

数百年前のヨーロッパでも、鍵を特定するのに「メーカー番号」「鍵番号」が刻印・管理されてきました。

画像の鍵では、刻印されている「1600」がメーカーを示し、「37」が鍵の形状のパターンを示しています。

 

日本でも新カギ(純正キー)には必ずアルファベットや数字が書かれています。

しかし現状、その番号が”何の為に刻印されているのか?”ほとんどの方が知らぬまま使用しています。

メーカーが「刻印」したのか? 鍵業者が「刻印」したのか? 店舗で「刻印」したのか?…

 

「鍵番号」は、”鍵の設計図”

実は「鍵番号」は、”鍵の設計図”なんです。

つまり、「鍵番号」がわかれば実物がなくても「合鍵」の作製が可能です。

 

近年のセキュリティ技術の向上により、ディンプルキー(複雑な鍵)が普及してきました。

それに伴い、町の鍵屋さんでの作成が不可能な製品(MIWA PR等)が増加しており、鍵番号の重要性が高まってきています。

 

“鍵番号を知ることが合鍵作成の唯一の手段”

であると同時に、裏を返せば

“鍵番号さえ知ってしまえば合鍵は作成し放題”

という解釈もできますね。

 

鍵番号

現状の世間の認識

クレジットカードが不正に利用された場合、各カード会社が保証をしてくれると思います。

それでもクレジットカードを会社の机の上に置きっ放しで、トイレやランチに出かけたりしないですよね。

しかし、鍵に関してはあまり意識が高くないようで、会社の机や近所の居酒屋、友人宅に無防備に置いておいたり、

ましてやブログやFacebook、InstagramなどのSNSで、家やロッカーの鍵を撮影して、知らずに公開している方をたくさん見かけます。

 

鍵の役割って、、”家の中にある財産や権利書を守る”ことは勿論のこと、

“ご家族の身を守る役目”も担っております。

貸したり、置きっぱなしにしない事は当然ですが、

「鍵番号」が他人に見えてしまうような管理は非常に危険です。

 

クレジット番号お勧めの対策

■鍵番号を隠す■

・鍵番号は基本的には鍵の持ち手部分に刻印されていますので、キーキャップをつけて隠す

・キーケースに入れておく

 

■鍵番号だけでは作れない鍵に交換する■

・MIWA社やGOAL社のセキュリティカード付の錠前(付属のカードを提示しないと鍵が作れない)

・マルチロックの錠前(そもそも鍵に鍵番号が刻印されていない)

 

大きく分けて上記2つの方法で鍵の不正利用を防ぐことができます。

 

 

 

昔は簡単に作れた

ひと昔前までは鍵屋さん、靴修理屋さん、ホームセンター、カー用品コーナーでも簡単に安く作ることができました。

実際に本当に簡単で、ホームセンターのアルバイト初日に合鍵研修を数時間しただけで誰でも簡単に合鍵を作ることができました。

しかし、1990年代後半に「中国のピッキング窃盗団」が不正開錠によって日本中で窃盗を繰り返した事件をきっかけに、対策として国内メーカーがディンプルキー(複雑な高性能なシリンダー)を次々に開発しました。

 

その背景もあってディンプルキー出荷個数の増加に伴い、店舗で作る鍵が難しく困難になりました。

ディンプルキーは、熟練した職人さんが完璧なマシンセッティングをしても0.05㎜のズレが生じるだけでトラブルが多く出ました。

刺さらない、抜けない、閉まらない、開かないだけでなく、最悪の場合はシリンダー(鍵穴)が壊れることもあります。

 

店舗での合鍵製作

特許取得

美和ロック株式会社は、PRシリンダーの合鍵に関する特許権(特許第4008302)を保有していて、PRの合鍵を製作又は販売すると特許権侵害で法的責任を問われます。

PRシリンダーは非常に精密な製品であり、厳しい品質管理の基、お客様に安全にご利用いただくためにこのような措置をとっています。

 

要するに、法的に店舗での作成が禁じられており、メーカー純正キーを注文するしかないということです。

もちろん、当店の商品はメーカー発注品ですので安心してご利用いただけます。

 

最近のカギは作るのが大変

最近のカギはなかなか店舗で作ることが出来なくなりましたよね。

ディンプルキー=複雑、高性能、精密、特許取得などなど、ここ10年以内に登場したカギはそのほとんどが合鍵を作るのが難しく、鍵屋さんを悩ませています。

数十万円、数百万円のコンピュータマシンを入れてもなかなか合鍵を作ることができません。

幾つかの原因はありますが、ヨーロッパと違い日本のメーカーが鍵番号の情報を鍵屋さんに公開していないことも一つの要因です。

日本の鍵屋さんで合鍵を切る場合は持ってきた鍵をなぞって切りますが、ヨーロッパはメーカーが公開しているデータがマシンに入っていて正規品と同じように切れます。

日本の住宅の鍵はそのようなカットの仕方はできませんのでどうしても複製キーとなり誤差が生じます。



鍵屋さん、ホームセンター等の店舗で作る合鍵でトラブルの多い鍵ランキングTOP3

 

鍵屋さん、ホームセンター等の店舗で作る合鍵で

トラブルの多い鍵ランキングTOP3を紹介します。

キーマシンは高い

第3位:MIWA U9

パっと見た限りでは普通のギザギザした鍵ですが、シリンダー側(鍵穴)が非常に高精度に設計されており、0.05mmズレるだけで正常に使用することができません。

鍵屋さん泣かせの鍵で、合鍵を作製するマシンが手動のもので30~50万、コンピュータマシンだと100万円以上。 マシンの操作も非常に高度なため、マシンメーカーがU9専用マシンを発売するほどです。 【特徴】 優れた防犯性:安全性に優れたロータリータンブラーに加え、タンブラーが9枚、キーの切り込み深さが4段変化となり、防犯性のが一段と向上しています。 耐ピッキング性能:CP認定基準である5分の2倍の10分以上(専門の鍵師でも開錠に10分以上かかるという意味です) 一時期よりは少なくなってきましたが現在も鍵穴のシェア率国内No.1の鍵なんです。 オフィス系はほとんどこの鍵が多いです、価格が比較的リーズナブルなのも人気の理由です。

 

MIWA U9

第2位:MIWA(NIKABA) JN

鍵屋さん、ホームセンターさんに持ち込んで1番嫌がられる鍵でしょう。 できないことはないけれど、作るのに時間がかかる上、何本も削り直すこともしばしば。 【特徴】 抜群の耐ピッキング性能:上記のU9を遥かに凌ぎます。 耐ピッキング性能:CP認定基準である5分の2倍の10分以上(専門の鍵師でも開錠に10分以上かかるという意味です) 精度の高い斜めピンの採用 通常の鍵は水平または垂直に溝が彫られていますが、このJNは斜め45度から溝が彫られています。 この特徴が非常に高い耐ピッキング性能を実現しているのですが、同時に合鍵の作製を困難にしています。 特にメーカー純正品の使用をオススメしている製品です。

 

MIWA JN

第1位:KABA STAR

日本カバ社製品で、2010年12月10日に特許が切れ、店舗での合鍵作成が可能になりました。 鍵屋さんでは発売当時から、登録してある使用者が直接メーカーに発注する品という認識があり、 作成してもトラブルが多い為、お断りしている鍵屋さんがほとんどです。 【特徴】 元祖ディンプルシリンダー。 購入時にオーナー登録を必須としており、合鍵は登録した本人からメーカーへの直接発注でのみ作成できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ!不用品買取査定サービス
不要品買取のウルトラバイヤープラス
買取プレミアム 高価買取専門
全国対応宅配買取 ecofa(エコファ)
おかたづけ業者を一括比較エコノバ