日常生活をレスキュー!役立つ日常生活の問題解決情報をお届け

不用品処分のための不用品回収業者の選び方

不用品処分のための不用品回収業者の選び方

 

不用品処分でも大型家具や電化製品の処分って困ります。粗大ゴミは処分方法がわからず、あちこち適当に空き地なんかに捨ててしまうこともよくありそうです。

このような不用品の処分はどうしたらよいのでしょうか。

まずはお住まいの市区町村役場で処分方法を確認して、業者を紹介してもらい該当する業者がある場合は比較検討されることが安心ですが、処分するにもあまりにも大量であったり、不用品が特殊なもの、もしくは大型である場合、頭を抱えてしまいます。

まだ使えるもの、ほとんど使っていない新古品であれば、
友人・知人に譲ったり、リサイクルショップや専門の買取店で売却したり、ネットオークションで個人取引するといった数多くの方法が存在しますが・・・・・

このような場合は不用品回収業者にする利用とよいです。

しかし、不用品回収業者も多数存在していることから

当ページでは粗大ゴミなどの不用品処分のための便利な不用品回収業者の選び方について確認していきます。

 

不用品回収業者の選び方 業者選定のポイント

不用品回収業者に依頼するメリットは自身での面倒な作業は一切ありません。梱包から運搬処分まで回収業者が行ってくれます。業者にもよりますが、1点からでも回収に応じてくれるのが、不用品回収のメリットです。

不用品回収業者に依頼するデメリットは費用コストが発生してしまいます。各市区町村に依頼するより割高です。

また、業者に依頼する場合は各業者によりサービスや料金設定が異なります。
法外な高額請求をされることもあります。どの業者に依頼すればよいかが問題になります。

回収業者の選定方法は様々で、インターネットや友人、知人で依頼経験者がいないか確かめてみて料金やサービスはどうだったかを聞ければベストです。

自宅に直接入るポスティングチラシを使ってくる業者は広告料金をかけて集客するので広告料金回収のため割高となるようです。

インターネットで業者を選定する場合、

  • 許可を得ているか
  • 無料見積
  • 明確な料金体系 追加料金の記載
  • サービス内容
  • 業者の実在<所在地>

を確認してください。その業者の口コミ検索での確認も必要です。

 

不用品回収業者が許可を得ているか確認

家庭の不用品を回収したり、買取り業務を行う不用品回収業者を運営するためには、自治体の許可が必要です。一般廃棄物収集運搬業許可を受けている必要があります。

たとえ産業廃棄物処理業許可を持っていたとしても、一般廃棄物収集運搬許可を持っていなければ、無許可行為に該当します。
家庭から出る不用品を引き取れません。

また、違法業者は回収した不用品をどのように処理しているか分からないという点も非常に問題ですが、教えてもらえなかったり答えをはぐらかしたりする業者は許可を得ていない違法業者の可能性があります。

違法と知らずに業者に依頼した場合でも罰せられることはないですが、
許可番号を明示している業者を選ぶことが最低限の基準になります。

 

無料見積 見積書や領収書を発行してくれる業者を選ぶ

不用品回収業者は大抵、無料査定をしてくれます。

見積もりを詳細明確に提示してくれる業者は信頼できますが、見積もりを請求内訳がはっきりしないものを作ってきたり出し渋ったりする業者は依頼しない方がよいです。

見積りの段階で何の料金が含まれているのかを明確に説明してもらいましょう。加算条件などの有無をはっきりさせましょう。
業者によっては別途人件費や交通費を請求することもあります。

 

後、無料回収の業者や、即見積りに伺うという業者は気をつけましょう。

見積りを依頼の際、必ず、当日は見積りだけにして下さい。電話で聞いてもよくわからない時は注意してください。僅かしか処分しないのに高額になってしまうこともあります。

見積りを依頼すると、会社によって見積り事項や算出方法が異なりますから
業者によって買取り金額や回収費用に大きく差が出るため、必ず複数の業者を比較してください。

 

明確な料金体系 追加料金の記載 適正な価格の業者に依頼する

何でも無料回収を宣伝する業者は気を付けましょう。安すぎず高すぎない業者を選びましょう。

料金の安さだけで選ぶの危険です。価格が安い業者は、不法投棄などを行っているような違法業者である可能性もあります。
不用品回収の費用の内訳が分かりにくく不透明な場合も多く、本来は不要な費用まで請求してくる事も考えられますので、
明確な料金設定をしている業者を選ぶようにしましょう。

回収費用は価格でなくサービス内訳の明確さで選ぶ事をおすすめします。

通常の不用品回収業者の料金形態は、

  • 回収品目の料金+オプション料金
  • 回収品目の料金+オプション料金+出張費

業者によっては便利な積み放題などのサービスもありますし、料金の交渉が可能な場合があります。

 

サービス内容の確認

見積りの際には必ず業者が損害賠償保険に加入しているかを確認しましょう。

家から不用品を運び出してもらう際、不意の事故などで建物の壁や家具などに損傷の可能性があります。このとき、業者が損害賠償保険に入っていない場合、補償をしてもらえない恐れがあるからです。

最初は安いプラン設定になっていたのに、後に<手数料が別途発生>などと高額な料金を請求されるなどのトラブルが多く発生しています。回収品目のサイズによっても大きく変わるので、事前にサイズを調べてから業者に確認して依頼しましょう。サービス料金の設定は一般ではわかりにくいので十分に業者と打ち合わせましょう。

また、業者によって様々ですが<買取り可能な物があれば買取>もしくは<買取りが可能な物のみ査定をして回収>といったサービス内容もありますので、依頼すればすべて買取ってくれる、回収してくれるとは限らない、ということを認識、問い合わせの際に確認しておきましょう。

 

業者の実在<所在地>の確認

悪質な業者の中には、クレームなどを避けるために各地を転々として所在地を明確にしていない業者もあります。
見慣れない軽トラック1台で、不用品回収を宣伝する業者は注意してください。

依頼の際、名刺を要求したり、ホームページを確認するなどして、本社の所在地が明確にされている業者かどうかを調べましょう。

また、見積りの際に領収書の発行が可能かを確認して下さい。領収書発行は身元を証明することになるので、渋るような業者も要注意です。

 

環境省公表の無許可不用品回収業者の4例

事前に確認して注意しましょう。

  • チラシを配布
  • 空き地で不用品を回収
  • ネットで広告
  • 街中を大音量で巡回

業者を見極めるポイントを事前に知ることでトラブル防止につながります。

 

不用品回収業者のトラブル

不用品回収業者のトラブルで最も数が多い2つののトラブル項目です。

料金

作業前に無料であることを確認したにも拘らず、不用品を軽トラックに積み終え後に数万円を請求された。業者に<回収代金は無料だが、積み込み料金は発生する>と言われ、しつこく請求。

領収書を役所に持っていけば80歳以上なら70%返金されると言われ、後日、役所に問い合わせると、そのような制度はないと言われた。領収書にあった住所と電話番号に連絡したが連絡がつかない。

業者は回収依頼した品目以外のものを勝手に持ち出し「回収費用として数万円」と請求。

 

回収物、回収方法

回収品の中で販売できるものだけをリサイクル業者に転売し、売れない不用品を不法投棄する。

家から不用品を運び出してもらう際、不意の事故などで建物の壁や家具などに損傷が発生しても業者が損害賠償保険に入っていない為、補償をしてもらえない。

 

以上、不用品回収業者の主なトラブル事例ですが、当ページ前述の<不用品回収業者の選び方 業者選定のポイント>を踏まえていただければ回避できる事柄であるとおもいます。

 

総括

不用品回収業者の利用メリットは電話一本で都合の良い日時に回収に来てもらえる点です。不用品の種類を問わずまとめて回収してくれる点も大変便利です。リサイクル家電などもすべて回収し必要な手続きはすべて回収業者で行ってくれます。

不要品1点のみの回収も可能で、品目ごとに料金が明確に設定されていますので、大抵のものはすぐに詳細な料金がわかります。

市などの自治体にごみの回収を依頼した場合、有料シールの購入が必要だったり、
回収日を指定されることもあり、指定された日時に回収場所まで自分で運ばなければなりませんが、

不用品回収業者を利用することで自身で処分する手間がかかりません。

不用品回収業者のサービス内容は多様化して不用品の回収だけでなく、引越し、ハウスクリーニング、遺品整理などのサービスを提供する不用品回収業者が増えてきています。自分はどういったサービスが必要なのかを考えた上で、各社サービスを比較してみることをお勧めします。

 

おすすめかたづけ専門業者一括比較

不用品・大型ゴミ・粗大ゴミ・廃品のかたづけ業者を一括比較です。

見積もりもしてくれて料金体系をしっかり明示してくれ、電話での応対もしっかりと質問にも回答してくれます。

しっかりとお店の情報を開示してニーズに合った無理のない対応方法を提案してくれます。

 

1 件のコメント

WordPress コメントの投稿者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ!不用品買取査定サービス
不要品買取のウルトラバイヤープラス
買取プレミアム 高価買取専門
全国対応宅配買取 ecofa(エコファ)
おかたづけ業者を一括比較エコノバ